【まるで新品】DIYでできる!ダイニングテーブルの塗り替え方法

ダイニングテーブル

ダイニングテーブルの天板が古くなって傷や汚れが目立ってきた・・・。買い替えかなぁ・・・。

塗り替えればまるで新品のようになりますよ!DIYでもできます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

お部屋のイメージを大きく左右する

ダイニングテーブルは食事をしたり読書をしたり家族団らんの中心にいつもありますよね。毎日使うテーブルは意外と劣化が進むのが早いんです。お部屋の中でも存在感の大きいテーブルは部屋のイメージを大きく左右します。しかし、古くなったからといって気軽に買い換えられるほど安いものでもありません。

そこで今回はそんなダイニングテーブルをご自身で塗り替える方法を解説いたします。

必要なもの

まずは、ダイニングテーブルの塗り替えに必要なものを揃えましょう。必要なものは以下の通りです。

  • 塗料
  • 刷毛(コテバケ)
  • サンドペーパーやサンダー(ハンドサンダー)
  • ウエス

このほかにも塗料が周囲についてしまうと落とすのが大変なため養生をするものやテーブルを解体する場合は工具も必要です。

塗料の選び方と保護材の組み合わせ

塗料と一口にいってもかなり多くの種類があります。DIYに挑戦したばかりの方は塗料売り場で挫折してしまうなんてことも・・・。ここではダイニングテーブルの塗り替えに使用する塗料の特徴と組み合わせをご紹介しますのでこちらを参考に塗料選びをしてください。

ダイニングテーブルの塗装に向いている塗料と組み合わせ、その特徴は以下の通りです。

  • ステイン塗料のみ・・・木材にしみこむ塗料。木の質感を楽しめるが木材の保護はできず色移りするためそのままの使用はおすすめできない。
  • オイル系塗料のみ・・・木材に少ししみこみ表面に薄い膜を張る塗料。木の質感を楽しみつつ木材の保護もできる。メンテナンスは上塗りだけでよいので容易だが水に弱く経年劣化する。
  • ワックス塗料のみ・・・木材の表面に薄い膜を張る塗料。無塗装に近い感触で木材の保護もできる。メンテナンスは上塗りだけでよいので容易だが水に弱く経年劣化する。
  • ウレタン塗料のみ・・・木材の表面に厚い膜を張る塗料。木材の保護ができ、傷や汚れに強い。木の質感はあまりなくメンテナンスは一度はがさなければならないため手間がかかる。
  • ステイン+ワックス・・・ステインで着色しワックスで表面を保護する。ウレタンには耐久性は劣るが木の質感がありメンテナンスも容易。
  • ステイン+ウレタン・・・ステインで着色しウレタンで表面を保護する。耐久性は強いが木の質感があまりなくメンテナンスも手間。

おすすめは綺麗に着色し耐水性もあるステイン+ウレタン塗装がおすすめですが、お好みのものを選択して構いません。

また、オイルステインとオイルフィニッシュは全くの別物ですので購入の際はご注意ください。オイルステインはステイン塗料ですがオイルフィニッシュはオイル系塗料です。

ダイニングテーブルの塗り替え方

塗料が選べたら早速作業に取り掛かりましょう!今回はステイン+ウレタン塗装の解説をしていきます。作業工程は次の通りです。

  1. サンドペーパーやサンダーで表面の塗装をはがし傷をなくす。
  2. ステイン塗料をムラなく塗って少し乾かす。
  3. もう一度ステイン塗料をムラなく塗ってしっかり乾かす。
  4. ウレタンニスをムラなく塗ってしっかり乾かす。
  5. 表面の凹凸をサンドペーパーで研磨する。

これで新品同様のダイニングテーブルに生まれ変わります。それでは、各工程を細かく解説していきましょう。

1.サンドペーパーやサンダーで表面を研磨する

まず、天板の表面をサンドペーパーやサンダーで研磨していきます。表面に元の塗装が残っていると新しく塗る塗装がしっかりと塗れず、剥がれやすくなったり気泡が発生したりしてしまいます。

最初は#100程度の粗目のサンドペーパーから#200程度、#300程度、#400程度と徐々に目を細かくしていき表面を滑らかにしていきます。このときダイニングテーブルの木の目の方向に研磨するようにしましょう。また、サンドペーパーを使用する場合はハンドサンダーと呼ばれる工具を使用すると研磨しやすいですよ。研磨が終わったら表面の削りカスをウエスでしっかり取り除きましょう

2.ステイン塗料をムラなく塗り少し乾かす

表面の塗装が剥がれ滑らかになったら塗装の過程に入っていきます。まずはステイン塗料を塗っていきます。ムラのないように全体的に木目にそって塗っていきましょう。小さなハケで角の塗りにくい部分を塗ってから表面の広い部分を塗っていきます。全体的に塗り終わったらウエスで均一になるように刷り込み、手につかなくなる程度まで乾燥させます。

3.ステイン塗料をムラなく塗りしっかり乾かす

手につかない程度まで乾燥したら、2回目のステイン塗装を行います。注意する部分は1回目の塗装と同様ですが今度はしっかりと乾かします。しっかりと乾燥していないのに次の工程に入ってしまうとウレタンニスにステインが染み出しムラになってしまいます。目安としては60〜90分程度です。

4.ウレタンニスを塗ってしっかり乾かす。

ステイン塗料がしっかり乾燥したらウレタンニスを塗装していきます。ステイン同様塗りにくい部分を塗ってから表面全体を塗っていきますが、このときコテバケと呼ばれる刷毛を使用すると広く均一に塗ることができます。全体を均一に塗れたら60〜90分程度しっかりと乾かします。

5.表面の凹凸をサンドペーパーで研磨する

乾燥が終わったら#400程度のサンドペーパーでウレタンニスの塗り村によってできた凹凸を研磨します。凹凸がなく滑らかに仕上がったら完成です!

まとめ

  • 塗料はステイン塗料+ウレタンニスがおすすめ
  • 使用するもの
    • 塗料
    • 刷毛(コテバケ)
    • サンドペーパーやサンダー(ハンドサンダー)
    • ウエス
  • 工程は次の通り
    1. サンドペーパーで研磨
    2. ステイン塗装
    3. ステイン塗装(2回目)
    4. ウレタンニス塗装
    5. 凹凸を研磨
  • ダイニングテーブルを塗り直して素敵なお部屋に!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
インテリアキッチン
スポンサーリンク
スポンサーリンク
doit!をフォローする
doit!

コメント

タイトルとURLをコピーしました