【DIY必須ツール】電動ドリルの選び方と使い方

電動ドリル

電動ドリルを購入したいけれど、どれを選んだらいいかわからない・・・。

電動ドリルの種類と選び方についてご説明します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

電動ドリルってなに?

電動ドリルとは先端部分がモーターによって回転する工具の総称です。先端に取り付ける工具(ビット)の種類によって穴を開けたり、ネジを閉めたりすることができます。さらに、ただ回転するだけでなく一定以上の力がかかった時に衝撃を与えることができるものもあります。

コード式とコードレス式

電動ドリルにはコード式とコードレス式の2種類があります。コード式は電源に繋いで使用しますので使用できる範囲に制限がありますが、コードレス式は専用のバッテリーを接続し使用しますので電源がない場所でも使用できます。

しかし、コード式の方が力が強くコードレス式はバッテリーが切れると使用できずバッテリーの重量の分重たいという特徴もあります。

DIYでは取り回しのいいコードレス式の方が使いやすくおすすめです。

電動ドリルの種類

電動ドリルは基本的な形状は似ていますが細かな機能が異なるものがあります。

ドリルドライバー

ドリルドライバーは先端が回転し穴あけ、ねじ締めができる工具ですが特徴的なのが以下の3つです。

  • ドリルチャック
  • トルク調節機能
  • スピードコントロール機能

ドリルチャックとは先端部分の機構で先端にビットを締め付けて固定する構造になっています。これにより様々な形状のビットを取り付けることができます。ドリルチャックには専用のハンドルを使用して締め付けるタイプとスリーブを直接回して締め付けるタイプがあります。

トルク調節機能とは本体についているダイヤルを回してトルクを指定してそれ以上のトルクがかからないようにする機能です。これにより必要以上にねじを締め付けてねじを切ってしまったり傷つけてしまうのを防ぐことができます。

スピードコントロール機能とは本体のスイッチを切り替えて回転スピードを調整することができます。これにより繊細な作業をするときにはスピードを落として作業をすることができます。

インパクトドライバー

インパクトドライバーとは先端が回転し穴あけ、ねじ締めができるのは同じですが最大の違いはそのパワーです。インパクトドライバーにはドリルドライバーのようなドリルチャックやトルク調整、スピードコントロールはありません。その代わりインパクトドライバーは一定以上のトルクがかかった時、回転に衝撃が加わります。これにより長ビスや鋼鉄などのビス留めなど力が必要な作業を行うことができます。

DIYではトルク調整機能やスピードコントロール機能のあるドリルドライバーが向いていると思います。上級者になり長ビスや硬いものへの穴あけなど力が必要な作業を行うことが増えたらインパクトドライバーの購入を検討しましょう。

ビットの種類

電動ドリル本体とは別ですが先端に取り付けるビットを取り替えることで穴あけやねじ締めを行うことができますが、他にもビットの種類がありさまざまな用途に使用することができますのでここでご紹介いたします。

ドリルビット

ドリルビットは穴を開けるためのビットです。太さが様々で開ける穴の大きさによって太さを変更します。また、穴を開ける素材によってもビットが異なるので注意しましょう。

ホールソー

ホールソーはドリルビットでは開けることができないほど大きな穴を開けるためのビットです。中心にドリルがついていてその周りに円形ののこ刃ついています。

ドライバービット

ねじを締めるためのビットです。細い場所や狭い場所で使用できるよう細長くなっているものや短いビットがあります。また、L字になっていて電動ドリルが入らないほど狭い場所でも使用できるものがあります。

回転ヤスリ・砥石

ビットの先にヤスリや砥石がついていて電動ドリルの回転力を使って研磨するビットです。

ビットセットの購入がおすすめ

ビットは太さや長さなど多くの種類があり作業の内容により頻繁に取り替えて使用します。その都度購入しても良いのですがさまざまなビットがセットになったものが存在します。

セットでは単体で購入するよりも安価に手に入り、その都度買いに行く手間も省けるので1つは持っていることをおすすめします。

まとめ

  • 電動ドリルとは先端が回転し穴あけやねじ締めなどを行う工具の総称。
  • コード式とコードレス式がありDIYでは取り回しの良いコードレス式がおすすめ
  • ドライバードリルとインパクトドリルがあり初心者は細かな調整ができるドライバードリルがおすすめ
  • ビットを取り替えて様々な作業が行える
  • ビットセットを1つ持っておこう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
工具
スポンサーリンク
スポンサーリンク
doit!をフォローする
doit!

コメント

タイトルとURLをコピーしました