【賃貸もOK】テレビ裏収納のメリットと作り方

テレビ裏収納

収納スペースが足りない!でも賃貸だからリフォームもできない・・・。

壁に穴をあけたりねじを留めなくてもできるリビングクロークはDIYでもできますよ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

意外と足りなくなる収納スペース

アパートやマンションでは収納スペースは決まったスペースしかなく意外と不足してしまいます。一戸建ての場合でも生活様式は日々変化しており住み始めた当初足りていた収納が今では廊下や寝室に荷物が溢れているなんてことも。

また、BBQセットや冬のストーブなど年に数回か1シーズンしかし使用しないものであれば納戸や物置に収納すれば良いですが、トイレットペーパーやティッシュの予備や食料の備蓄などはそうはいきません。

テレビ裏収納(リビングクローク)はとても画期的

そこで今人気なのがテレビ裏にDIYで壁を作りその裏をウォークインの収納部屋として使用する方法です。このテレビ裏収納はたくさんのメリットがあるです。

メリット1.大容量

テレビ裏収納は設置した壁の裏を収納部屋として使用します。つまり新たに設置した壁とお家の壁の間がそっくり収納スペースになるわけです。さらに、壁の裏に棚を設置すればもっと容量がUPしますよ!

メリット2.完全にものが隠れる

お部屋をおしゃれに見せるために生活感のあるものは見せたくない方もいるのではないでしょうか。テレビ裏収納は壁を設置しその壁の裏に収納するためリビングから収納したものが見えることはありません。まるでインスタグラマーのようなお部屋が出来上がりますよ♪

メリット3.温度や湿度管理が簡単

温度管理や湿度管理が必要なものをしまいたい時ってときにはありますよね。外に設置した物置ではそれができず仕方なく寝室へ・・・。なんてことありませんか?テレビ裏収納は普段過ごすリビングに併設しているから自然と温度管理や湿度管理ができちゃうんです!

メリット4.お部屋が広く見える

お部屋の中に壁を作るなんて部屋が狭くなって圧迫感がありそう。なんて思いませんでしたか?テレビ裏収納では壁の向こう側のおうちの壁が見えますので奥行き感が生まれます。この奥行き間によりお部屋がむしろ広くみえ圧迫感を軽減してくれます。

メリット5.賃貸住宅でもできる

壁を作るときくと難しそう、賃貸では不可能なんて思ってしまいそうですがそんなことはありません!あとでご紹介しますが木材をお部屋に立てる専用のアイテムを使用すれば誰でも簡単に賃貸住宅でもできてしまうんです!

テレビ裏収納の作り方

こんなにたくさんのメリットがあるテレビ裏収納がDIYで誰でもできるなんてとても魅力的ですよね。それでは作り方を解説していきますので皆さんも挑戦してみてください。

準備するもの

  • ディアウォール
  • 2×4木材
  • ベニヤ合板
  • 木ねじ
  • お好みの壁紙や塗料など
  • 電動ドリル
  • 水平器

2×4木材は柱に使用します。柱は455㎜間隔で立てる必要がありますので設置したい壁の横幅に応じて必要数を用意してください。長さは床から天井までの長さが必要です。ベニヤ合板は壁の板として柱に取付けます。厚みは12㎜程度のものが良いでしょう。

木ねじは柱にベニヤ合板を留めるのに使用します。厚み12㎜の合板を選択した場合は25㎜程度の長さのものを選択するとよいと思います。

ディアウォールとは

ディアウォールとは2×4木材を床と天井に突っ張らせて固定するためのアイテムです。使い方を簡単に説明すると2×4木材を床から天井までの高さから45㎜短く切断し、上下にディアウォールを取付け天井に押し付けながら床側をスライドさせ天井と床に突っ張ります。取付け後少しゆすってみてぐらつき等がなければOK。ビスを使わずに柱が立てられる画期的なアイテムです。詳しい注意事項や使用方法はメーカー記載のものを確認してください。

作り方

1.柱を455㎜間隔で設置する

まずは2×4木材とディアウォールを使用し柱の芯から芯の間隔が455㎜になるように設置していきます。(端の柱から次の柱までは外側から芯まで)この時柱がしっかりと垂直になっていることまっすぐ並んでいることを確認しましょう。間隔が間違っていたり垂直でなかったりすると次の工程でベニヤ合板を張り付けることができません。

2.柱にベニヤ合板を張り付ける

次に先ほど設置した柱に壁となるベニヤ合板を取り付けていきます。ベニヤ合板をしっかりと押さえ木ねじと電動ドリルで留めていきます。

3.壁紙の取り付けや塗装をする

しっかりと壁が取付けられたらお好みの壁紙や塗装で自分好みの壁に作り上げましょう!これで壁の設置は完成です!とっても簡単ですね!

まとめ

  • テレビ裏収納(リビングクローク)は自分で作れるとても画期的な収納部屋
  • メリット
    1. 大容量
    2. ものが隠せる
    3. 温度・湿度管理が容易
    4. お部屋が広く見える
    5. 賃貸でもできる
  • 必要なもの
    • ディアウォール
    • 2×4木材
    • ベニヤ合板
    • 木ねじ
    • お好みの壁紙や塗料など
    • 電動ドリル
    • 水平器
  • 作り方
    1. 柱を設置
    2. 壁を張る
    3. 壁紙や塗装をする
  • とっても簡単で便利な収納部屋をあなたの部屋に!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
収納
スポンサーリンク
スポンサーリンク
doit!をフォローする
doit!

コメント

タイトルとURLをコピーしました